頭皮に優しいドライヤーの使い方

頭皮の健康をキープして、いつまでもキレイな髪でいたいですよね。

も、いくらしっかりシャンプーを通じても、ドライが雑だと「頭皮の臭い」や「髪を傷つける」ことになってしまうんです。
とくに、シャンプー後は自然乾燥という人は要注意!
髪は、濡れたままがナンバーワン傷つきやすい状態です。

髪が濡れるとキューティクルが開いた状態になり、髪がこすり見合うだけで、キューティクルが剥がれ落ちてしまうことも。髪を乾かさずに眠ってしまうと、寝返りのたびに髪を傷付けることになってしまいます。

頭皮にとっても、濡れたままは良いことがありません。
水分が残っているって雑菌が繁殖しやすく、頭皮の臭いの原因に繋がってしまう。

つまり、しっかりドライをすることはとても大切!
規則正しい髪の乾かし方を知って、頭皮の健康をキープしましょう。
頭皮の健康をキープする!ふさわしい髪の乾かし方

頭皮の健康をキープする!規則正しい髪の乾かし方
規則正しい髪の乾かし方「タオルドライ」編

それでは、「規則正しい髪の乾かし方」を覚えて、毎日のヘアケアを通じていきましょう。
まずは、シャンプー後の「タオルドライ」から解説していきます♪

シャンプー後は、ドライヤーをする前にタオルで髪を拭くのが普通だと思いますが、『タオルドライの本来の目的』って何かご存知ですか?

実は、タオルドライは「頭皮をしっかり拭くこと」が大切なんです。

清潔で、吸水性に優れたタオルをつぎ込み、(綿100%のテクスチャが良いものは、頭皮や髪にもきめ細かいだ)頭皮の水分を吸わせるように拭いていきましょう。
頭全体をつつむように、止めるような感じです。

あまりに力を入れすぎてゴシゴシ。。。はNG。頭皮を干すように手厚くが基本です。

髪の水分を拭くことも必要ですが、髪は濡れているとき傷みやすい状態にあるので、髪をこすり合わせてタオルドライすると、キューティクルが傷つき髪も傷んでしまう。

髪の水分を拭く時は、髪をタオルに挟み、水分を吸収させるように軽めに行なうといいですね。
引っ張ったり、こすったりしないように、髪の毛から水が滴り落ちないくらいになれば大丈夫です。
ふさわしい髪の乾かし方ドライヤー編

タオルドライで頭皮や髪の水分をある程度乾かしたら、次は、「ドライヤー」で頭皮や髪を乾かしていきましょう。

ただし、ドライヤーの前にひとつだけしておきたいことがあります。
人によっては、髪のパサつきや乾燥に耐える人もいると思うので、熱から髪を守ってもらえる「ヘアオイル」「洗い流さないトリートメント」などを髪につけておくのがおすすめです。

適量を貫き通し、髪の毛の中ほどから毛先につけるのが正解。頭皮には塗り付ける必要はありません。
関連記事:いち押し!天然成分で作られた洗い流さないトリートメント

ドライヤーを使うら気をつけたいポイントは次の4つだ。
頭から15センチ程度はなして風を割振る
一部分に集中して風を置きすぎない
間隔をあけて頭全体を乾かして出向く
風の熱で干すというより風量(風の強さ)で干す
なるべく、頭皮を速く乾かして授けることが大切です。
なぜかというと、髪は乾いているのに中の頭皮が湿った状態、、、ということがよくあるからです。

何度もお話していますが、頭皮が濡れていると、雑菌が繁殖しやすくなるので、頭皮トラブルや臭いの元になります。
頭皮から乾かして、乾かし忘れが無いようにするのが理想です。

お話した4つのポイントを心がけながら、さらに「1ランク上のふさわしい髪の乾かし方」を実践していきましょう。

まず、ドライヤーの風量はなるべく強くして、短時間で干すことが大切です。
乾くまで時間がかかるという、キューティクルは濡れているときの状態そのままに固定されてしまう。
つまり、髪がゴワつき易くなります。

もし、今度ドライヤーを買い替える機会があれば、風量の激しいものを選ぶことをおすすめします。

次に、干す順序を考えましょう。
ナンバーワン最初に乾かしたいのは「後頭部」だ。
後頭部は、ナンバーワン乾きがたく、雑菌が繁殖しやすい場所ですし、頭皮の臭いが発生し易い場所でもあるので、最初に乾かします。
とくに髪が長い人は、念入りに後頭部の頭皮を乾かしてくださいね。

逆に「顔周り」や「毛先」は、ドライをしているうちに自然に乾いて出向く箇所なので、意識的にドライヤーを覚えなくても大丈夫です。

後頭部が乾いたら、つむじから毛先に向かい、毛の流れを意識して乾かしていきます。

髪は、乾く直前にスタイリングが仕上がる特性をもちましていらっしゃる。
髪を整えながら乾かして出向くため、次の日のスタイリングがしやすくなるという利点もあります。
手ぐしでもいいですし、髪が長い人はブラシを通じて、湿り気のないように乾かしていきましょう。

頭皮という髪が乾ききったら、最後に「冷風を当てること」を忘れないようにして下さい。
ドライヤーの冷風モードとして、上から下に向けて風を置き、頭皮や髪をクールダウンさせましょう。
キューティクルが閉じて髪が固定され、ツヤが出るのがうなずけるはずです。スタイリングがしやすくなるので、試してみてくださいね♪

恋人と出会うきっかけ